FC2ブログ

記事一覧

私の政務活動

久々の投稿となります。

今、富山は政務活動費の使途で大きく揺れています。
議員として怒りと悲しみで連日の報道を見ています。
私も色んな方とお会いする度に大丈夫かと言われます。
「大丈夫です。」と答えていますが、「大丈夫だと言ってた人が辞任している」と言われるので、ここで現状をお伝えしたいと思います。

黒部市の政務活動費は月3万円で年間36万円です。そのうち会派で使うのは月2万円の24万円。個人で使えるのは月1万円の12万円です。会派分は、会派で視察へ行ったり、市役所にある会派室の事務費用に充てられており、会計責任者がしっかり管理しておられます。
今、問題になっているのは個人分。
個人の12万円は、議員それぞれが使い方を決めて運用しています。
その政務活動費の個人分は年2回に分けられて後払いでいただくことになります。
今年度上半期分は、9月までの活動ですので、来月ぐらいに手元に来るのかなと思っています。その為には、領収書と活動しているのであれば案内文や報告書の提出などが必要となります。

ちなみに私のH27年度は、
滋賀県大津市にある全国市町村国際文化研修所(JIAM)での議員研修会出席でJR代と参加費3回、
東京のふるさと回帰センターでの他自治体のUIJターンセミナー視察と東京黒部会総会出席でJRで東京往復代ということで、大津市往復3回と東京往復2回(参加費含む)。そして黒部市議会必需となっているIPadの使用料で合計12万円を請求しています。
実は他にも動いているのですが、上限12万円なので、その他は自費となります。

 そしてH28年度上半期はまだ申請しておりませんが、
滋賀県大津市にある全国市町村国際文化研修所での議員研修会出席でJR代と参加費2回、
東京黒部会総会出席、福祉人材フォーラム出席、ソーシャルファーム国際シンポ出席で東京3回。永平寺中学校視察、新潟ジオパーク国際フォーラム出席、大阪の障害者就労移行施設視察、地方自治学習会黒部の出席、ホームページ追加更新費など。
以上、精力的に動いているので、その内の6万円分のみ申請予定で超えるものは自費となります。
この後も三重県視察や全国市町村国際文化研修所での議員研修会出席を予定していますので、下半期6万円も超過する予定です。
また、各種団体会費や新聞雑誌などは全て自費。
年2回発行の会報誌は後援会として出しているので自費。
問題となっている茶菓子代金の発想なんてどこをどう考えても無理です。
政務活動費対象の有無に関係なく、セミナーや視察の報告書はその都度、ホームページに掲載しています。
もし領収書がご覧になりたければ、おっしゃってください。
既に提出した昨年度までのものは、コピー、提出前の今年度分は、手元にありますのでいつでも見ていただけます。

 ついでに
黒部市のホームページに全体の政務活動費支出状況一覧が掲載されています。
詳細については、議会事務局にお問い合わせください。
http://www.city.kurobe.toyama.jp/guide/svGuideDtl.aspx?servno=6412

また、黒部市の報酬について
一か月370,000円。そのうち源泉所得税は72,300円。
以下、黒部市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例となります。
http://www1.g-reiki.net/kurobe/reiki_honbun/r365RG00000108.html

以上、大変厳しい財政ですが、新人議員だから何も知らない分からないと言えないので、市民から負託をいただいた任期あと2年、しっかり勉強して住民福祉向上に取り組みたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント